ページトップへ

長期優良住宅の家づくり | 完工事例 | 和歌山市の新築・注文住宅・ソラマドの家 ロイヤルホームズ

完工事例

  • 注文住宅
  • すべて

長期優良住宅の家づくり

気密や断熱に優れた屋内で快適なお家

  • 建築中レポート

1.2015年07月29日
地盤調査の様子
地盤調査の様子
地盤調査の様子
2.2015年10月01日
地盤改良の様子
地盤改良の様子
地盤改良の様子
3.2015年10月14日
基礎工事配筋の様子
基礎工事配筋の様子
基礎工事配筋の様子
4.2015年11月03日
上棟に備えて
上棟に備えて
上棟に備えて
上棟前にご近所様の挨拶回りに伺ったとき、大工さんが上棟準備に来られていました。
5.2015年11月05日
上棟
上棟
上棟
上棟式午前中にはここまで完成しました。
6.2015年11月05日
上棟式
上棟式
上棟式
晴天に恵まれて無事に上棟が完了しました。
7.2015年11月07日
大工工事
大工工事
大工工事
上棟後の様子 壁ができてきました。
8.2015年11月09日
大工工事
大工工事
大工工事
上棟式後の幣串
9.2015年11月15日
柿渋コート
柿渋コート
柿渋コート
柿渋コートは、木の呼吸を妨げず、防腐・防虫、耐候性、不燃性に優れた効果がある木材保護塗料です。
当社では、住宅を白蟻から守り続けるために、タイムガードシステムと、柿渋コート塗布とで二重の防止対策を立てています。
10.2015年11月24日
気密測定を行いました。
気密測定を行いました。
気密測定を行いました。
C値の測定は、実際に建てられた建物で、専門の気密測定試験機を使って行います。室内と外気の気圧差が9.8Pa(=1mmAq)の時に、どれだけの空気が室内から外部に流出するのかを住宅の床面積で割って算出します。
目視では確認できない大きさで住宅の様々な箇所に開いている小さな隙間の面積を合計(cm2)し、住宅の延べ床面積(m2)で割って数値化したものです。

 気密性能値「C値」とは?
C値とは、家の延床面積に対する「隙間面積」の割合を示す数値で、床面積1m2当たりどれ位(何cm2)の隙間が有るかを表現した数値です。 
この値がゼロに近いほど隙間が少なく、気密性が高いことを意味します。
11.2015年12月28日
足場が外され、ご主人様が選ばれたシンプルモダンな外観がすっきり見えるようになりました。素敵なたたずまいです。
12.2016年01月07日
クロス張りが貼り終わりました。
クロス張りが貼り終わりました。
クロス張りが貼り終わりました。
奥様が選ばれたクロス。シンプルモダンな家にピッタリです。
子供さんの部屋は小学生のお子さんが選ばれたとか…
各部屋のイメージがそれぞれ違って素敵でした。
13.2016年01月25日
外構工事中
外構工事中
外構工事中
施主様との立ち会い検査も終了し、お引渡しまであと少し…
今コンクリートが打たれ、乾かしている途中です!
外構工事が仕上がり次第、お引渡しをさせて頂きます。

こちらのお家は、ご主人様のご希望で太陽光パネルを設置させて頂きました。
お子様は、電気の見える化に興味を示されて~
楽しそうにカラーモニターを見ては、何処に電気が使われているのか探されていました。
夏休みの自由研究にも使えますよ~と設置業者さんが言われていたことに、
なるほど・・
いいな~と思いました。