ページトップへ

家事セラピスト | 和歌山市の新築・注文住宅・ソラマドの家 ロイヤルホームズ

家事セラピスト

家事のやり方は、

家族の数だけあっていいと思います。

ロイヤルホームズには、

「自分たち家族にあった家事を考えるための

 セラピスト」がいます。

 

家事セラピストは何を教えてくれるの?

例えば、掃除、収納、育児、料理など、個別の情報は親や友人、雑誌やインターネットで得ることができますけれど、総合的に「家族の暮らしに必要な事」というまとまりでとらえたことはありますか?   家事セラピストは、総合的な暮らしのプロとしてその家族にあった生活のための家事全般へのヒントをくれます。soramadoで家を建てると、打ち合わせの際家事セラピストが今の暮らしをヒアリングします。それをこれから建てる家での設計プランに反映・調整し、家が建った後にも、暮らし方へのアドバイスをしてくれます。また、家事セラピスト講座に参加することができます。         

家事セラピストとは、一般社団法人家事塾の養成講座を修了し、認定された暮らし方をトータルに整える専門家です。暮らしのなかの「困った」を家の中の「モノ」や「コト」を手掛かりとして解決するお手伝いをしています。今の暮らしを見つめ直し、新しい家づくりへの道しるべを一緒に見つけていきましょう。

                               

家事セラピストを養成する家事塾主宰
辰巳渚さんからのメッセージ

多くの方にお会いして家事の話をきくと、「もっとちゃんとしたやり方があるはず」「もっと効率のいい方法があるはず」と、自分が普段行っていることを正しいと思えていないようです。どうしてこんなに不安を感じるのか? 家事とは、家のコト。家のコトは生きるコトだからです。 経済の急成長とその後の低迷を経験している今の日本では、立派な仕事、お金や高価なモノだけでは幸せを感じられなくなってきました。そんな中、日々の営みによって立ち、他者との関係を紡いでいくことの大切さが、見直されてきました。身近な家のコトをうまくできれば生き方も整いそうだ、と思っている方も多いのです。 家事セラピストの助言や講座で、そんな方々に、技術ではなく考え方を身につけてほしいと思っています。難しいことではありません。

辰巳 渚 さん


ベストセラー『「捨てる!」技術』の著者。社団法人・家事塾を設立し、「家のコトは生きるコト」をメッセージに、家のモノとコトから暮らしや生き方を整えるための手伝いをする、講座や事業を展開する。