ページトップへ

メタルストロング工法 | 和歌山市の新築・注文住宅・ソラマドの家 ロイヤルホームズ

safety-メタルストロング

メタルストロング工法

ロイヤルホームズのメタルストロング工法は、地震に強い工法です。

メタルストロング工法の特徴

接合部を金物で強化した、地震に強い工法

従来の柱や梁、筋交いなどの構造材を中心に構成している在来工法は、地震などの外力が加わった場合、接合部に負担が集中しがちです。
メタルストロング工法は、予め工場でプレカットした集成材と、接合部に金物を使用し、接合強度を大幅に強化した工法です。

プレカット加工の集成材を使用

工場から出荷される全ての構造躯体には、予め金具が取り付けられています。各邸の設計図面をもとに、CADのカスタマイズ等によりプレカットの正確な伏図・製図データを作成。コンピュータによる自動制御の専用プレカットラインで、寸分たがわぬ製品が一邸ごとに生み出されています。

メタルストロング工法の強度

接合部における構造材の形状的に弱かった点を改善し、さらに金物で固定することにより、ゆるみがなく、地震に対してより強い住まいを実現することができるようになりました。

使用する集成材について

杉や檜を上回る強さを持つ集成材を使用

メタルストロング工法には構造材として、集成材が欠かせません。集成材とは、板状の木材を貼り合わせ角材状にしたもので、一定の質の物だけを集めることで強度が安定します。乾燥収縮に強く、竣工後に構造材の接合部に大きな隙間ができたり、反ったりすることも少ない。

耐震等級3(相当)*の耐震設計

地震に対する構造躯体の倒壊、崩壊等のしにくさ
(構造躯体の倒壊防止等)

消防署や警察など防災の拠点となる建物がこの基準に相当します。

耐震等級とは、住宅の耐震性能をランク付けした等級のことです。
住宅性能表示制度の「構造の安定に関すること」の項目で、等級1から等級3まで3段階で表示されています。*「耐震等級3」相当とは、LIXILが建物の構造の安全性に項目を絞り、その性能を評価しているため、住宅性能表示とは区別して表示したものです。